上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月になりましたね、寒さもピークの時期かな?
なんて思っていたら春の陽気になったり雪が降ったり
体が気候に追いついて行きません(´Д⊂ヽ

まもなく2回目のカウンセリングとなり
前回の時に改名の準備はしておくように言われたので
改名申し立ての事について家庭裁判所へ相談に行ってきました。

私の居住地である関東北部の某市にある
家庭裁判所の○○支部なのですが、
ここはかつて母が通院していた頃の通り道で
まさか来ることになるとは思わなかった(汗)

案内所で改名の申し立てで来た旨を伝え、担当部署へ
「性同一性障害による改名の申し立ての事で相談に来たのですが…」
事前に申立書を書いて戸籍謄本と通名の使用実績等を持参していきました。
すると、今回は診断書が無いのですが、
「受付は可能です、後日提出になりますが…
また戸籍謄本が発行からかなり時間が過ぎているので最新のものを用意して…」
という流れ

受付の人も慣れていない?のか上司との間を行ったり来たりで色々確認(汗)
☆診断書は原本の提出
☆使用実績はコピーしか受け付けないのでコピーを用意
☆後日、審判員との面談
☆収入印紙800円と80円と10円切手を各5枚(切手は地域より異なる)

特に重要な名前の使用実績ですが、
公共料金の領収書は一番古いものと直近のものを並べてコピー
年賀状や通販の領収書、病院の診察券(カウンセリングを受けた医院)
これらをA4サイズの紙に見栄え良くコピーしました
また、この部分に関しては改名に大きく影響するので
どんなに些細なことでも聞いて準備しましょう

診断書なしで申し立てても良かったのですが、診断書があった方が話は早いだろうし
何度も通う必要も無いので改めて申し立てに来ますと言って帰宅

裁判所という場所柄、堅苦しい雰囲気はありました
申し立ての前に砕けそうになっちゃったけど、正式に申立てる時は
堂々と出向こうと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomfsuteki727.blog63.fc2.com/tb.php/338-20623ec8

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。