上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の更新で取り急ぎ、改名許可の事を書きました

少し落ち着いたので少し詳しく綴ってみたいと思います

いくつかの郵便物の中から、家庭裁判所名の印刷された封書
さぁ、開けると○か☓の結果が出るのか、はたまた次は面談案内か
焦る気持ちと不安が交錯するなか、開けてみるものの
やっぱり見るのが怖い…

三つ折になった用紙が3枚
宛先が印字された紙
未使用分の切手の返還証
そしてホチキスで留められた用紙…

ホチキスで留められた用紙を開いてみると
審判の文字
遠目にしたり目を細めたり用紙を揺すったり(要はぼんやり見えるようにw)
すると…

当裁判所はその申立てを相当と認め…もしかして(゚∀゚)アヒャヒャ

主文
1 申立人の名「○○」を「奈央」と変更することを許可する。
2 手続費用は申立人の負担とする。

これって改名認められたんだよね?ウソじゃないよね?
とにかく涙が出て座り込んでしまいました

猫が夕食の缶詰を催促するのもお構いなく…

少し落ち着いてやっと全文見ることが出来ました。

2枚目には大きな文字で
これは謄本である
と印刷されていました。

本当にありがとうございました。
申し立ててから約2週間不安からイライラする事もあったけど
落ち着きました。

そういえば何か忘れていると思った事が1つ
申立ての際に提出した性同一性障害の診断書は返却されません
幸いにも数枚コピーを残して置いたので良かったですが…

またこの改名許可の原本も返却されないのでコピーを数部とっておきました。

本日、早速市役所に手続きに行ってきました!
このへんの話題は今後の更新で

新しい保険証などを見て改めて、あぁ変わったんだって実感しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomfsuteki727.blog63.fc2.com/tb.php/345-ad68e82b

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。