上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊胸手術 4

3月になって寒い日もあるけど、
お日様は真冬から春の陽気を!な感じがしますね
今回から本題に入ります。
ここから先は術前・術後で見方が変わるかもしれません
これからの方はもしかしたら見なかった方が良かった…
という内容かもしれません。
私はビビリ症で予備知識を持つと不安で逃げてしまう性格なので
今回は何も調べずに望むことにしました(^_^;)

名古屋に前日入りし、食事制限なしだったので
名物の味噌カツにエビフライを美味しく頂きました(๑´ڡ`๑)
夜も更ける間もなく疲れから早々に就寝Zzz

翌朝目が覚めても特に不安も緊張も無く
テレビを見ていつもの朝を過ごしました。
食事は無しで水分は8:30まで可でしたが、何も口にすること無く
予定より早く出発、ひと駅先のクリニックへ
14252938160.jpeg
いざ!出陣

受付を済ませ、先生と初対面(*´ω`*)
フレンドリーな先生で終始楽しく(手術とは思えないほど)お話しました。
豊胸の他にSRSのカウンセリングもあったので、世間話をしながら
あなたにとって本当に必要な手術なのか?
胸の無い女性も居るし、小さくてもそれを受け入れてる女性も多いですけど、
それでも手術しますか?という最終確認
その後、豊胸手術に関するリスクや術式、使用するジェルバッグを
手に取ったりししました(机の引き出しから大量のジェルバッグが出てきて笑いそうに)

気になるサイズですが、先生からは私の体型とのバランスを重視した
大きさを提案して頂き、私の希望は体型とのバランス+少し強調するサイズを希望しました。
○姉妹みたいなのも出来るけどする?w
ショーを行うNHさんは大きいの入れるけど、疲れると思うよ
いえそこまでの大きさは(^_^;)等の会話でした

このクリニックでは全身麻酔だったので、事前の打ち合わせは重要です。
手術時間は約2時間の予定

部分麻酔のクリニックもありますが、手術後に体験談を読んでみて
私は全身麻酔で良かったな…と感じました(^_^;)

手術室の準備も出来て、回復室へ
上半身を晒した状態で、バッグを入れる空洞の大きさや
切開箇所のマーキングを行い、写真撮影
血圧測定では上が100行かず、再検査
「血圧低いです、100行くのが稀で(^_^;)」

準備OKで隣の手術室へ
生まれて初めての手術だったけど、特に緊張もなく
多分、整形だったからだと思うけど…
以前、家族が入院した病院の手術室と比べるとシンプルな感じでした
手術台に自ら寝てマスクを受け取って麻酔の準備
寝転んで上にはあのライト、先生から「これ見た事あるでしょ?
実物ですよ」とさらにリラックスしました(^_^;)

マスクを渡され、「1分後には記憶無いですから」と
そういえば身内が全身麻酔の時にマスクからガス臭がして
数字数えて5辺りで真っ暗になった話を思い出しました。

本当に掛かるのかな?という不安(唯一かかえていた不安)の中
消毒液の様な臭いの後に、ガスの臭い
「これかーーーー」と思ったと同時に真っ暗となり記憶終了!
最後に見たのは10:35分をさしていた時計…

--この間、手術中-ー

真っ白な世界(濃霧の最上級位の真っ白空間)の中で
遠くから呼ばれた気がする…
「奈央さん、奈央さん・・・」
少し霧が晴れた…あれ寝てる?
「終わりましたよ」
無意識に「ありがとうございました」と言った記憶が…
喉に何かがひっかかる感じ(後で麻酔によるタンの絡みと知る)
目の前の時計は13:30 3時間過ぎたんだ…
胸元を触ってみようとするものの麻酔で手が思うように動かず断念
この後、30分間隔で寝起きを繰り返し、3時頃には意識もはっきり戻りました。

ここから後のお話は次回へ(^_^;)
背中の痛みに始まり、右側の空洞作りで切れない筋があった事など…
人の一挙手一投足は上半身の筋肉が無いと何も出来ないと痛感した等
まだまだ続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naomfsuteki727.blog63.fc2.com/tb.php/361-745542e7

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。